バーディー、イーグル。鳥の名前とゴルフの関係とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴルフのルールを簡単におさらいしてみよう

皆さんご存知だと思いますが、ゴルフは「いかに少ない打数でコースを回れるか」を競うスポーツで、世界中の人に愛されているスポーツです。

各ホールでボールをカップに入れるまでの基準打数として、パー(Par)が決められていて、例えばPar3と書かれたホールでは3打でカップに入れることが基準打数となります。

簡単に言ってしまうと「このコースはカップまで距離が近いから3打で入れてね。次は遠いから5打でいれてみよう」ということです!わかりやすいですね!

鳥の名前がつけられている理由とは?

ゴルフに全く興味が無い人でも、バーディーやボギーなどという言葉は耳にしたことがあると思います。
これは基準打数より多く打ってしまったり、少ない打数でカップに入れることが出来た場合に使う言葉です。名前がつけられているのはこれだけあります

打数 名称
−4打 コンドル・ダブルアルバトロス・トリプルイーグル
−3打 アルバトロス・ダブルイーグル
−2打 イーグル
−1打 バーディー
標準打数(0) パー
+1打 ボギー
+2打 ダブルボギー
+3打 トリプルボギー
+4打 クォードループルボギー
+5打 クィンテュープルボギー

おや?おやおや?

この表を見て何かに気付いた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

パーより上です。基準打数より少なくカップに入れた時の名称を見てください。
バーディー、イーグル、アルバトロス、コンドル…。全部鳥の名前じゃないですか!

と、驚く方もいますが、ここまでは意外と知られている話。
では一体なぜゴルフに鳥の名前が使われたのか、そこまで知る人はそう居ないかもしれません。

ずーっと不思議に思っていた「あのこと」の真相が分かる本

によると、1903年A・H・スミスというゴルファーが1打少なくホールを終えた時、「flew like a bird (鳥のごとく飛んだショット)」と叫んだのが始まりだと言われ、「bird」にはアメリカで「素晴らしい・優れた」という意味があります。
それに愛称語の「ie」を付け、「birdie(バーディー)」と呼ばれるようになりました。

続いてイーグルですが、バーディーが小鳥さんというイメージなのでそれよりも優れていなければなりません。
そこで大きな鳥であり、アメリカの国章でもある鷲(eagle)が使われているのです。

次に、アルバトロスとコンドルも同様に大きな鳥と言う意味で付けられたと言われていますが、様々な説があるので、なぜ使われているかは不明とされています。
海外ではダブルイーグル・トリプルイーグルと呼ばれるのが主流なんだそう。

しかし未経験者は普通に考えると、基準打数より少ない打数でカップに入れるなんて、相当難しいのでは?と思うはずです。
経験者でさえ基準打数でホールを終えるまで相当の練習量が必要だと言います。

 どれくらい難しいの?

アルバトロスやコンドルなどはそもそも「こんな奇跡起きるわけがない」と言われるような記録でした。
しかし近年のゴルフ用品の技術力が磨かれ、ずいぶんと遠くまで飛ぶようになったことで奇跡を起こしてしまう人が出てきました。
コンドルは長いゴルフの歴史で未だ世界で4回しか達成してる人はいません。

アルバトロスの例としてPar5のホールを2打でカップに入れてしまうというパターンが考えられますがこれは1打目、2打目共に相当な飛距離が無いと達成することは不可能です。
Par3のホールを1打で入れてしまうホールインワンはちょくちょく起きますが、計算上それよりも難易度は高いんだとか。

そんな奇跡を1つの大会で同時に起こしてしまった日本人選手がいるのです…。

 

一日でホールインワンとアルバトロスを達成するのは日本のプロツアーで男女を通じて初の快挙です。
この快挙は、計算上1000万回に1回しか起きず、毎日1ラウンド回ったとしても3万年かかる計算になるそうです…。

奇跡としか言いようがありませんね!

基準打数に関して鳥の名前が使われている事や、奇跡を起こす選手がいることなどをこうして真剣に考えてみると、単純に見えるゴルフですが、とても奥が深く自分でも知らないことが多いスポーツだなと感じました。

紳士のスポーツ「ゴルフ」

ゴルフは紳士のスポーツと言われ親しまれています。

そのため、公式のルールブックにはルールの前にマナーについて記載されているのです!

ゴルフの精神

ゴルフはほとんどの場合レフェリーの立ち会いなしに行われる。また、ゴルフゲームは、プレーヤーの一人一人が他のプレーヤーに対しても心くばりをし、ゴルフ規則を守ってプレーするというその誠実さに頼っている。

プレーヤーはみな、どのように競い合っているときでもそのようなことに関係なく、礼儀正しさとスポーツマンシップを常に示しながら洗練されたマナーで立ちふるまうべきである。これこそが正に、ゴルフの精神なのである。

引用:2013年版ゴルフ規則より引用

確かに、他のスポーツでは選手以外に審判(レフェリー)が居て初めてスポーツとして成り立ってます。しかしゴルフでは各々がルールを守ることで成り立っているのです。

紳士のスポーツ…。まだ僕には程早いか…。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

岡田 大誠WEBデザイナー

株式会社だんきちでデザイン、WEB周りを担当しております。
温泉が好きです。最近スラックラインを始めました。
夏はスイカばかり食べています。

この著者の最新の記事

関連記事

スポーツがうまくなるアプリ「スポとも」

ページ上部へ戻る