ゴルフや野球だけじゃない!イップスとは?各スポーツごとに調べてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
イップスの悩み

イップス。
ゴルフや野球の経験がある人は、一度は聞いたことがあるかもしれません。

イップス(Yips)は、精神的な原因などによりスポーツの動作に支障をきたし、自分の思い通りのプレーができなくなる運動障害のことである。
本来はパットなどへの悪影響を表すゴルフ用語であるが、現在では他のスポーツでも使われるようになっている。

引用:ウィキペディア

私の野球経験は10年以上あるのですが、ゴルフは全くの未経験です。
ですので、「イップス」という言葉は主に野球で使われているものだと思っていましたが、ゴルフが発祥の言葉だったのですね。

1930年頃に活躍したトミー・アーマーというプロゴルファーがイップスを発症し、その後引退したことで有名になった言葉だということです。

私がイップスという言葉を知ったのは、高校時代の野球部の同級生で内野手だった友人が、10-20メートルくらいの距離のキャッチボールでも何度も暴騰を投げてしまうことでイップスという言葉を知りました。

また、野球漫画ではありますが、「MAJOR」という累計発行部数が5000万部の野球漫画内でも、主人公の茂野吾郎がイップスになる場面があったので、それがキッカケでも知りました。

動画:茂野吾朗イップスからの復活の試合

各スポーツでのイップス

イップス=野球 といった先入観があったのですが、実際はゴルフから始まった言葉とのことです。
ほかのスポーツでのイップスのことを調べてみました。

【ゴルフ】

ゴルフでのイップスはドライバー、パターなど様々な場面でイップスになる可能性があるみたいですね。

特に「このパットを決めたら勝てる!」という極限の緊張状態になりえるパターでは、よりイップスになる人が多いようです。

アンカーリングを行うことでパターの精度をが上げていた選手もいるようなのですが、これも2016年1月に禁止される予定とのこと。

ちなみにアンカーリングというのは、長尺などのパターを腹部など体の一部に固定してパターを打つ手法のことです。
固定してしまうことで、緊張時の手の震えなどを抑える働きがあるんでしょうね。

パターではありませんが、イップスになるとこういったスイングになってしまうようです。

【野球】

野球でのイップスはピッチャーや野手でもどちらでも起こりえます。

例えばこの動画
突如イップスの症状が出たMLBのキャッチャー

メジャーリーガーのキャッチャーなのですが、冗談でしょ?って思うくらい暴投の連続です。
18.44mという距離なのですが、キャッチャーが何度もピッチャーへの返球をキャッチできないところに投げてしまっています。

国内のキャッチャーですと、こういった動画もありました。

またその他の日本のプロ野球選手でも、荒木雅博氏(中日ドラゴンズ)や岩本勉氏も(元日本ハムファイターズ)イップスだったといわれています。

野球の場合でもゴルフなどの場合と原因は同じで、極度の緊張や、チームの勝敗を決する場面などでのミスがトラウマとなり、思うところにボールを投げることが出来なくなるみたいです。

【テニス】

テニスにもイップスがあります。

サーブの時、フォアハンドなどの時などにイップスで思うようなプレーが出来ないということになります。
また、速い球を打とうとするときより、遅い球を打とうとするときに、イップスが発症するようです。

この点に関しては野球も同じような感じです。
野球も遠い距離で力強く投げるよりも、近い距離でゆっくり投げる時の方が、イップスになるケースが多いように思います。

他にもバスケットボールのフリースローの時や、弓道の弓を射る瞬間などにイップスを発症するケースがあるようですね。

イップスの改善方法

では、どうやったらイップスは改善されるのか?

野球に関してはこちらのサイトで詳しく紹介されていますので、参考にしてもらえればと思います。
イップスの治し方、診かた

この記事に書かれていることをまとめると、野球のイップスに関しては精神的なものよりも、フォームに問題があるためフォームを改善すれば、ほとんどイップスを治すことが出来ると上記の記事では書かれています。

さらにゴルフのイップスの改善方法に関しては下記のような考え方があります。

・緊張や不安を受け入れる
参照 パターとイップスについて。克服するには?

・シャフトを切ってみる
参照 日経新聞(飛ばないクラブに? ドライバーイップスの荒療治)

ドライバーイップスの場合、精神的な方法でイップスが改善されない時は、日経新聞の記事でもあるように道具を変えてしまうというのも1つの手のようですね。

是非参考にしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

岡田 大誠WEBデザイナー

株式会社だんきちでデザイン、WEB周りを担当しております。
温泉が好きです。最近スラックラインを始めました。
夏はスイカばかり食べています。

この著者の最新の記事

関連記事

スポーツがうまくなるアプリ「スポとも」

ページ上部へ戻る