77.8%の人が不要と思うのに何で?野球部が坊主頭にこだわる理由とその弊害

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自宅でバリカンの6年間

私は中学校・高校と、6年間野球部に在籍していました。

なので、当然ずっと坊主頭です。
その6年間で髪の毛を伸ばした期間は、中学3年の8月~3月までと、高校3年の8月~3月です。

これは、野球部の引退が3年生の夏なので、それ以降は髪の毛に自由が与えられるからです。

野球部に在籍していた期間は自宅に常備されているバリカンで、同じく野球部に在籍していた我が弟と交互に坊主頭に刈りあったものです。

当時は「野球部=坊主頭」ということに何の疑問もなかったのですが、私が高校を卒業してから未だに野球部が坊主頭なのを見て、なぜなのかと思い調べてみました。

野球部が坊主頭の理由

結論から記載しますが、野球部が坊主頭の理由は不明です。
1-2時間程度その理由に関してネットで調べましたが、詳細が記載されているものが全く出てきませんでした。

辛うじて、下記のものが野球部が坊主頭の理由に近しいものかと思いましたので紹介します。

日本における坊主刈りについての風俗一般の事情と変遷、 その歴史、そして野球との関係について

詳細に坊主頭に関して記載されている文章なのですが、後半に「日本における丸刈りの歴史」と「高校野球における丸刈りの慣習」箇所が私が求めている情報に近しいので、まとめます。

【坊主の歴史に関して】

日本では明治の初めまでは皆、まげを結っており、僧侶等の特別な職業の人以外には丸刈りという習慣はなく、明治初年の高等小学校の生徒も長髪だったという。しかし、1894年(明治27年)日清戦争後、軍国主義的な教育が高等小学校や旧制中学において行われるようになり、軍事教練が盛んになってくるのと同時に、丸刈りが定着していった。
~中略~
1938年(昭和13年)には国家総動員法が公布され、まさに戦争に勝つために、国家の人的・物的資源、そして精神が総動員される国家体制が敷かれた。これと並行して、各高等学校レベルでも丸刈りが強制されるようになる。戦争勝利に向けての精神総動員、そのためのひとつの手段として、高等学校での丸刈り規範の徹底が導入されたといえる。

戦争が1つのキッカケとして、坊主頭が強制されたということですね。
ではなぜその坊主頭が未だに野球部でも習慣とされているのか?

【野球部の坊主頭に関して】

「秩序維持(学校)や勝利(戦争・スポーツ)という目的のためには、肉体的・精神的にある種の管理・統制された状況が必要であり、その手段として頭髪の規制が導入される」
~中略~
バッターが打席に立ち、一球ごとにベンチを振り返り監督のサインを見る。丸刈り球児が大勢を占める、高校野球でよく見られる光景である。つまり、勝つために監督の判断を逐一仰ぐ。よく考えれば、あんなに頻繁に監督がサインを出す光景がテレビに映し出されるスポーツも高校野球くらいではないか。そして、時に監督の采配は学校生活全般にも及ぶ。

結局のところ野球部が坊主頭という明確な理由は分かりませんでしたが、この記事では、管理や統制などのための1つとして強制的な坊主頭が用いられているということです。

確かに野球以外のスポーツで、1球ごとに監督の指示を仰ぐスポーツというのは少ないですよね。
その管理・統制のために戦時中に用いられた丸刈りを強制しているという説です。

※あくまで、上記の引用記事の作者の方の説ですので、明確なソースではありません。

間違った野球界の常識

上記の説は、明確な説ではないにしろ、個人的には納得のいく理論かなと思っています。
昔から野球界には間違った説がまかり通っていました。

上げればキリがないですが、、、

・練習中に水分を摂るな。水分で体のキレが悪くなるから。
・筋肉をつけすぎるな。筋肉が邪魔して体の動きが鈍くなるから。
・ピッチャーの投球後にアイシングはするな。体は冷やすものではなく温めるもの。

などなど。
私が中学生の頃に所属していたあるクラブチームの野球の練習中、ほとんど水分を摂らせてもらうことが出来ず、また水筒を持ってくることも、練習途中に自販機やコンビニで飲み物を買うことも禁止されていました。

(真夏8月の12-19時くらいの間の練習で水分補給はコップ1杯を2回のみ。しかも牛乳入りのプロテインなので、粉っぽく余計にのどが渇く)

そのため、自宅に帰るまでの時点での15分間が喉の渇きが我慢できず公衆トイレの手洗い場の水を飲んでいました。
それくらい極限状態まで脱水状態だったのですが、それでも水分補給は限られた回数のみでしたね。
いくらその時代の常識だったとはいえ、あの時の野球部の監督は私に謝って欲しいくらいです(笑)

そういった間違った常識がまかりとおる野球業界だったので、戦時の坊主頭の慣習が、野球業界のだけ残っているのもある意味頷けますね。

77.8%の人が必要ないと思っているのに!

また、野球部の坊主頭に対する違和感ですが世間一般の人も同様に考えていることがアンケートの調査の結果わかりました。

なぜ野球部だけ?日本国民の77.8%が高校球児が坊主頭である必要性はないと回答!

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2014年8月15日(金)~8月19日(火)
対象:全国20代~60代 男女ユーザー計1500名

上記の調査方法でアンケートをとった結果77.8%の人が坊主頭である必要がないと答えています。
そりゃそうですよね。
インターネットで私が1-2時間必死で調べても、坊主頭である明確な理由が書かれていないかったのですから、世間一般の人も納得しづらいと思います。

現状は79%の野球部で坊主頭

野球部の坊主頭の割合

ですが、現状は野球部員の79%は坊主頭と調査データがあります。
2013年6月に朝日新聞が行った調査で、4032校からアンケートをとった結果、79%にあたる3185校の野球部では坊主頭だという調査結果が出ておりました。

参照:高校野球:坊主頭の強制中止 熊谷西野球部 体罰問題など契機に

ですので、社会的な野球部の坊主頭への違和感という感覚と、現場での野球部の坊主頭の率の高さは相反するものとなっているのが現状です。

ただ、個人的には野球部の坊主頭の風習によって、野球をやらないという子供も少なからずいると思います。

現に私が中学生の頃に、すごく運動神経のいい同級生を野球チームに誘ったにもかかわらず「坊主が嫌だから」という理由で帰宅部だったのはすごく勿体なく感じていました。

野球が大好きないち野球ファンとしては、そういった合理的ではない風習は撤廃して野球の裾野を広げる試みを実施した方が良いと思いますが、どうなんでしょうか?

それ以上に切実な問題・・・

また、中高生という思春期ならではの理由でも、個人的には坊主頭が不利だなと思うことがありました。
これは切実です・・・。

野球男子VSサッカー男子! あなたならどっちにときめく? 「野球男子派47.3%:男気がある」

Q.「野球部出身の男性」と「サッカー部出身の男性」、どちらがよりときめきますか?
野球部出身の男性……47.3%
サッカー部出身の男性……52.7%

これです。
私の出身校の話ですが、とにかく野球部の坊主頭は女子にモテない!といった切実な理由です。。。

モテないどころか「野球部は集団だと怖い・・」と何度か言われた事があります。
理由は「練習中の低い声で全員が軍隊のような統一された動きが怖い」などです。

※あくまで私の出身高校の一部の女子の意見です。

しかも坊主だし、同じユニフォームも着ているから誰が誰か分からないし。
このようなことで野球部はモテませんでした。

(野球部で坊主あたまじゃなくて、おまえ自身に原因があるんだろ!っていう批判はやめて下さい・・・)

反面私の出身校ではとにかくサッカー部の方がモテました。
私が見ても野球部よりもサッカー部の方が恰好いいと思いましたね。

だって、練習用のユニフォームもそれぞれが格好いいものを自由に着てるし
髪型もサラサラヘアーで前髪あるし。

<サッカー部出身派の意見>

■さわやかでオシャレなイメージ
・「さわやか」(27歳/食品・飲料/技術職)
・「オシャレなイメージ」(32歳/自動車関連/技術職)
・「サッカーをやっている人のほうがイケメンが多いと思うから」(25歳/運輸・倉庫/営業職)
・「サッカーはさわやかで格好いいイメージがあります」(27歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

ほらやっぱりアンケート結果でもΣ(゚Д゚)

ただ、反面野球部派の女性もいるようで。

<野球部出身派の意見>

■硬派でマジメなイメージ
・「男気がありそうだから」(33歳/学校・教育関連/事務系専門職)
・「硬派なイメージ」(26歳/ホテル・旅行・アミューズメント/その他)
・「しっかりしていそうだから」(31歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)
・「チャラチャラしていなさそう」(30歳/金融・証券/事務系専門職)
・「人情味がありそう」(26歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)
・「厳しい練習や上下関係を過ごしてきたと思うので」(27歳/金融・証券/専門職)
・「人生に対して誠実そう」(26歳/金融・証券/事務系専門職)

あ~、こういった女性が多くいる高校に転校すればよかった・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

岡田 大誠WEBデザイナー

株式会社だんきちでデザイン、WEB周りを担当しております。
温泉が好きです。最近スラックラインを始めました。
夏はスイカばかり食べています。

この著者の最新の記事

関連記事

スポーツがうまくなるアプリ「スポとも」

ページ上部へ戻る