あなたが日本代表選手?!最近話題のマイナースポーツを紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたはいくつ知っていますか?

スラックライン・アルティメット・スカッシュ・インディアカ・セパタクロー・スポーツチャンバラなど、現在様々なマイナースポーツが注目されています。

「新しい趣味を見つけたい」「運動不足解消に何かを始めたい」

という人がいるのは昔から変わりませんよね!
そこで、どうせやるなら普段できないようなマイナースポーツを始めたいと考えている人が増加している。という訳です。

そもそも、どこからがメジャーなスポーツで、どこからがマイナースポーツなのかはっきりしませんが、それぞれの感覚で決められているようです。

雪国では、スキーやスノボーがメジャーだとしても、雪が降らない地域ではマイナースポーツ扱いになってしまいます。
また、競技人口が少なければマイナーだと思われがちですが、相撲などは人口が少なくても世界的に知名度があるので十分メジャーだと言えますよね。

既にマイナースポーツをやっている人は、色んな人に知ってもらって人口が増えなかったとしても、誰もが知ってるスポーツになりたいと思っていると思います。
その良い例が「スカッシュ」ではないでしょうか?

オリンピックの競技ならばメジャースポーツ?

スカッシュは、2020年のオリンピックでの追加種目を決定する際に「野球・ソフトボール」「レスリング」「スカッシュ」が最終候補に選ばれました。
結果選ばれたのはレスリングでしたが、この時「スカッシュってなんだ?」と気になった人は少なくないはずです。

スカッシュ・松井千夏、号泣。「実らなかった五輪への思い」

そのため、現在スカッシュは「ルールは知らないけど、なんか聞いたことある」というイメージでメジャースポーツへと変わりゆくスポーツの代表と言ってもいいのではないでしょうか?

逆に野球・ソフトボールがオリンピック競技から外れたからといってマイナースポーツとは言えないような気がしますね…。

今、このマイナースポーツがアツい!

先述したように、現在多方面でジワジワと盛り上がっているマイナースポーツ業界ですが、やはり万人に知られているわけではありません…。

そこで今回は比較的誰でも簡単に始められる「スカッシュ」「アルティメット」「ガウスホイール」にスポットを当てて、簡単にルールや競技人口などを紹介したいと思います!

スカッシュ

スカッシュ

引用元:flickr

オリンピック効果で知っている人もいるかもしれませんが、スカッシュはテニスの半面より少し小さい部屋で壁にボールを打ち合うスポーツです。
コートが狭いので楽なスポーツと思われがちですが、1時間もすれば700〜1000kcalも消費できます。
これはテニスの倍近いカロリーを消費していることになるので、ダイエットにも効果がありそうです。

動画はスカッシュでのスーパープレイ集ですが、このレベルになるとすごい迫力ですねw

最近では教室など各地で増加しているので、これから始めるには、もってこいのスポーツだと思います!

 

アルティメット

一言で言いますと、チョーかっこ良くないですか?!僕と同じように動画を見ながら口開いてませんか?

アルティメットは、フライングディスク(フリスビー)を使うスポーツで、簡単に説明するとアメフトとバスケを合わせたような競技です。

他のスポーツと大きく違う点は、審判が居ないというところです。

「スピリット・オブ・ザ・ゲーム」と言われ、各選手の責任感を元にセルフジャッジで試合を進めるのでフェアプレーの元に成り立っているのです!

スポーツとしては歴史が浅いのですが、敷居が低く全国の大学でチーム数が増えたことで競技人口は今も増え続けています。

 

ガウスホイール

今年の8月に日本に上陸した「ガウスホイール」

一輪車とスケボーを合体させた乗り物で、動画のようにスタイリッシュかつ機能的に街中を疾走することが出来そうですね!

モノ好きなあなたはきっと欲しくなるはず…。

詳しい紹介ページ→ガウスホイール正規品通販 | GausWheel STORE TOKYO

未経験のあなたも日本代表に?!

今回は3つを取り上げましたが、マイナースポーツはまだまだ存在します。

しかしマイナーなだけあって、競技人口が少ない事が一番の問題になっているのです。
ということは逆に考えれば、今マイナースポーツを始めて本気で練習を積み重ねれば、日本代表選手になれる可能性があるということですよ!
例えばテニスとスカッシュの競技人口を比べると、テニスは約475万人であるのに対しスカッシュは約10万人なので、可能性は断然スカッシュの方が高いですよね。

しかしこんな簡単に言っていますが、当然努力は必要です。
様々な競技がある中で始めてみれば自分の隠れた才能が開花するかもしれませんよ…?という感じで捉えてもらえればなと思います!

最近よく耳にするマイナースポーツに参加することで、競技人口が増えるスポーツが1つでも多く日本中に広がればいいなと思います!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

岡田 大誠WEBデザイナー

株式会社だんきちでデザイン、WEB周りを担当しております。
温泉が好きです。最近スラックラインを始めました。
夏はスイカばかり食べています。

この著者の最新の記事

関連記事

スポーツがうまくなるアプリ「スポとも」

ページ上部へ戻る