第二のオリンピック?アジア競技大会が始まったぞ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日、19日に韓国の仁川(インチョン)で第17回アジア競技大会の開会式が行われました。

開会式に先立ち、サッカーは男女ともに14日から1次リーグが始まっています!
ん?いや、ちょっと待ってくれ。
まずアジア競技大会ってなんだ?テレビでもあまり報道されてないしあんまり聞いたことがない!

という方が多いのではないでしょうか?

今回はそんな、スポットがあまり当たらないアジア競技大会を徹底リサーチ!

アジア競技大会って要するに何ですか?

4年に1回開催されるオリンピックはご存知だと思いますが、「アジア版オリンピック」と解釈していただければ簡単かなと思います。
通称アジア大会と呼ばれ、国際大会として第1回インドのニューデリーで1951年から行われ、オリンピックと同じように2年ごとに夏季大会と冬季大会があり、アジア各国で開催されています。

過去日本では1958年に東京で開催されました。
1964年の東京オリンピックよりも先にアジア競技大会が東京で行われていたんですね!

1994年には広島で開催され「首都以外の都市で初めて開催されるアジア大会」として注目されました。
スタジアムや選手村などは立派に運営され、「さすがは日本で運営される国際総合競技大会」と評価を受けることができたそうです。

冬季大会では1986年の第1回、1990年の第2回共に北海道の札幌で行われ、次に2003年に青森でも開催されています。
そしてなんと!次回の冬季大会は再び北海道の札幌と帯広で行われることが決定しています!

2017冬季アジア札幌大会公式HP

そんなアジア競技大会ですが、一体オリンピックと何が違うんだ?規模が小さくなっただけではないのか?と感じるかも知れません。
いえ、そんなことはないのです。
アジア競技大会ならではの特色があるのです…。

カバディ…カバディ…カバディ…カバディ……

もちろん夏季大会なので陸上・水泳・サッカーなど有名な競技が行われます。
しかし、アジア競技大会はその程度じゃありません。

TBSテレビ-2014アジア大会競技紹介

特徴の1つと言ってもいいのが、競技数の多さです。
ロンドン五輪は26競技302種目出会ったのに対し、今大会では36競技437種目もあり、その多さが実感できると思います。
2年後のリオ五輪で正式採用される7人制ラグビーとゴルフはもちろん、復活を目指している野球とソフトボールも種目の1つです。

そして以前も記事として書いたように、マイナースポーツまで競技種目として含まれているのです!

あなたが日本代表選手?!最近話題のマイナースポーツを紹介!

私が最も驚いたのはカバディ。
名前は知っているものの、経験はもちろんやっている人も見たことが無く、身近に感じることが出来ないスポーツの1つでした。

今大会ではもちろん日本代表も参加しています。

私と同じように、この大会で自分が知らない競技に触れることで、知らなかった世界を見て実際にやってみれば、新たな才能が開花して4年後には日本代表になってるかもしれませんよ…?

国際大会ならではの苦痛

先述したように、今大会は韓国の仁川(インチョン)で行われています。

開会式は昨日でしたが、サッカーは14日から始まっています。
しかし、そこで大きな大きな問題が起こっていました…。

サッカー日本代表男子は、前回大会で金メダルでしたので今回は連覇がかかっているのですが、手倉監督は練習後のインタビューでこう語っています。

選手村に入って色々落ち着かない部分もあるが、色々整っていないのが常識だと考えればいい。割り切ってやっていこうと話した。うまく時間を使いながら、集中してやる。明日を迎えるのが楽しみ

引用元:アジア大会に臨むU-21日本代表にアウェーの洗礼!? エアコンなしの選手村に「暑いっす」

記事には、エアコンが効かない事や風呂場の排水が出来ないことが書いていましたが、それ以外に「エレベーターが壊れているので居室の22階まで階段を上り下りしなければならない」という声があり、選手たちは選手村でもトレーニングをしなければいけない状況なんですね…。

しかし、選手村のインフラ面が整っていないとは言え、アフリカでの国際大会ではこれ以上に酷かったという声もありますし、日本代表だけが苦労しているわけではありません。
このような困難を乗り越え、金メダルを獲得している姿が見たいですね!

がんばれニッポン!!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

岡田 大誠WEBデザイナー

株式会社だんきちでデザイン、WEB周りを担当しております。
温泉が好きです。最近スラックラインを始めました。
夏はスイカばかり食べています。

この著者の最新の記事

関連記事

スポーツがうまくなるアプリ「スポとも」

ページ上部へ戻る