プロテインは正しく飲まないと効果が無い…?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんはプロテインを飲んだことがあるでしょうか?

学生時代に部活で毎日飲んでいた人もいれば、ジムに通って健康な体を作るために飲んでいた人もいるかと思います。
しかし、プロテインを飲む時に体内で何が起こり、そしてどのような変化が起きるのかまで完璧に理解して飲んでいる人はそんなに居ないかもしれません。

「ただ友人にプロテインを勧められたから」

「運動しているしせっかくなのでなんとなく飲んでいる」

という声をよく聞きます。
しかし、プロテインは正しい飲み方をしないと全く効果が無い場合や逆に太ってしまう場合もあるので、要注意です。

そこで今回はプロテインを正しく摂取するために基本的な知識をまとめようと思います。

まずプロテイン知る。それが全ての第一歩。

この記事を読んでいただけるということは、少しプロテインが気になっている方や飲んでいるけどあまり詳しくない。という方が居ると思います。

そんなあなたがまず直面する壁。それは…

種類が多すぎてどれを選べばいいか分からない!

だと思います。現在様々なメーカーからプロテインが発売されていますが、その中でも目的によってプロテインの種類があります。

プロテイン

引用元:SAVAS

まず大前提に知って欲しいのが「プロテイン=タンパク質」だということです。
筋トレをして筋肉を大きくする時に必要なのがタンパク質。
なので筋トレの相棒にプロテインと言うイメージがあると思います。

そこで間違ってはいけないのは、飲むだけで筋肉がついたり、体が引き締まるなんてことは絶対に無いということです。
それでは逆に体内で余ったタンパク質が脂肪に変わってしまい、体重増加の原因になってしまいます。
だからといって普段の食事でタンパク質を摂取しようとすると、吸収に時間がかかりカロリーも多く摂取することになるので意味がありません。

つまり吸収が早く、高タンパクで低脂肪分なプロテインが筋トレの相棒になるのです。

最も重要なのは飲むタイミング?

何気なく飲んでいるプロテインですが、正しく飲まないと最大の効果が期待できません。
運動の30分後は傷ついた筋肉を修復する成長ホルモンが分布されているため、プロテインのゴールデンタイムと言われていますが、タイミングは人それぞれだと思うので効果を色々なシチュエーションに分けて紹介します。

①起床後

朝食ではタンパク質を多く摂取するのが難しいのでプロテインで補ってしまおうという考え方です。

寝ている間は体内にタンパク質を補給することが出来ないので筋肉が分解されています。
そのため起床後にプロテインを飲んで筋肉に栄養を届けてあげるイメージです。

②トレーニング後

現在プロテインを飲んでいる人はトレーニング後に飲んでいる方が大半だと思います。

それにはちゃんと意味があり、トレーニング後は筋肉の成長が進むので30分後〜1時間後にプロテインを飲めば最も効果が期待されます。
さらに上を目指す人はタンパク質だけでなく炭水化物を摂取しなければなりません。
そのためプロテインに加え、おにぎりなどを食べるとますます筋肉が喜びます!

③就寝前

一日の疲れを回復するという意味でも就寝前は効果的です。

しかし「寝ている間に脂肪に変わってしまいそう」と不安に感じる方がいると思います。

確かに人によって効果に差が出てしまうので万人に当てはまる方法では無いかもしれません。
なので就寝前のプロテインは量を半分するなど工夫をして自分に合った方法を見つけるのが一番かもしれませんね。

ウィダー-毎日心がけたいキーワードは「寝る前と朝」!

牛乳か水か。最大の悩みどころ。

プロテインを飲む際に牛乳か水かどちらで飲めばいいのか悩む人もこれまた多いと思います。

結論から言うとどちらでもOKなんですが、どちらにもメリットがあるので自分に合う飲み方を見つけてください。

牛乳派のあなた

プロテイン+牛乳のメリットとして三大栄養素のタンパク質や脂質以外にもカルシウムなどの栄養も合わせて摂取出来るのが一番のメリットだといえます。
また1杯飲めば結構な満腹感も得られるため、ダイエットに効果がありそうです。

牛乳では脂質が気になるという方は低脂肪牛乳などで脂質を抑える事ができるので問題ありません。

水派のあなた

プロテイン+水のメリットはとにかく手軽さですよね。蛇口をひねってハイ完成。
水で飲めば吸収が早くなると言われますが、コップ1杯程度であれば牛乳と大差はないそうです。
脂質や糖質が無いため減量中の方や体脂肪が気になる方におすすめです。

ダイエットとして使いたいけど筋肉が付きそうで怖い…。

「体重を落としたいだけなのに、プロテインを飲んでトレーニングすると無駄な筋肉がついて結局意味がなさそう…」

こう思われがちですが、そんなことはありません。

ダイエットは運動をして脂肪を燃焼させることは当然ですが、動いていない時に消費されるエネルギーを多くすればより効率的に脂肪が燃焼されます。
これを基礎代謝と言います。

基礎代謝は筋肉の量で決まるので、ただただ運動するのではなく少しくらいは筋肉を付けたほうがいいのでは?ということです。

筋肉が少ない状態で運動を続けても筋肉が分解され、量が減ってしまいます。
そして基礎代謝が落ちてまた筋肉が落ちて…。と負のスパイラルが発生してしまいます。

つまりダイエットに筋肉は絶対に必要なものなので運動しながらプロテインの力を借りて筋肉を付け、痩せやすい体作りをすることを優先すべきじゃないのでしょうか!

 

プロテインを知り、自分にあった方法で理想の体型になりましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

岡田 大誠WEBデザイナー

株式会社だんきちでデザイン、WEB周りを担当しております。
温泉が好きです。最近スラックラインを始めました。
夏はスイカばかり食べています。

この著者の最新の記事

関連記事

スポーツがうまくなるアプリ「スポとも」

ページ上部へ戻る