サッカー日本代表「アギーレJAPAN」はどんなチームになるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元:SOCCERKING

季節はすっかり夏を過ぎ秋になりました。

食欲の秋・スポーツの秋・読書の秋など色々と楽しいことはありますがやっぱりスポーツでしょ!

ということで今回はサッカー日本代表「アギーレJAPAN」について調査したいと思います。

サッカーが大好きなあなたも、そうでないあなたも知っておいて損はしないタイムリーな話題なのでこれを機会に勉強しましょう!

新監督。その名も「ハビエル・アギーレ」

日本代表の監督は「◯◯ジャパン」などと呼ばれることが一般的になりましたが、サッカー日本代表監督で記憶に新しいのは「ザックジャパン」ですよね。

ついこの間の2014年ブラジルW杯で監督を務めたザッケローニさんの愛称でそう呼ばれていました。しかしW杯の成績不振も影響し退任。その後を引き継いだのがハビエル・アギーレ率いる「アギーレジャパン」です。

現役時代はメキシコ代表として1986年のメキシコW杯に出場するなどの実績で引退後はメキシコ代表の監督として2002年、2010年のW杯に出場し、2度ベスト16に導きました。

その後はスペインの「CAオサスナ」「レアル・サラゴサ」「エスパニョール」の監督を経て、現在日本代表監督として活躍しています。

CAオサスナは当時弱小チームと呼ばれていましたがスペイン国王杯で準優勝という結果を残しています。さらに「レアル・サラゴサ」「エスパニョール」時代は就任した際、両チーム共にリーグ降格の危機でしたがリーグ残留に導き、監督として十分な成績を残しています。

選手として、監督としても実績があるアギーレ監督は日本代表をどのようなチームにしていくのか。

インタビューなどから分かるこれからの「アギーレジャパン」を徹底調査!

物凄い運動量が求められるサッカー。

8月11日の記者会見で

テーマはコンプロミソ(責任を果たすという意)。私のサッカー哲学は非常にシンプルだ。とにかくたくさん走る。いいプレーをする。そして勝利する。とにかく将来性のある選手を呼びたい。代表に入ることに意欲的な選手、国を背負って戦う気持ちのある選手、個人のプレーではなくチームとしてプレーし、試合に貢献できる選手を選びたい。

引用元:攻撃的か守備的かではない、アギーレが見据える先-朝日新聞DIGITAL

と話しています。私がこのインタビューを見ていて受けた印象は「サッカーに対してひたむきで真面目」でした。

・プロである限り長旅で疲れた・コンディションが整わないことを言い訳にしたくない。

・GKもFWも含めた11人全員が守って攻められるチームを目指す

当たり前でよくある発言かもしれませんが、アギーレ監督は相当な覚悟をしているように感じます。

戦術としては基本的に守備が堅いチームをベースとし、攻撃にも積極的にするバランスのとれたチームを目指しているということです。前監督のザッケーローニはバランスもとれたチームを目指していましたが、基本的には攻撃的なサッカーを目指していたのでこれからの試合日本代表どう活躍するかが楽しみです!

新システムについては

システムは試合の展開によって変化していくもの。DFは3人の時も、4人の時も、5人の時もある。シチュエーションに応じて、4-3-3から5-2-3に変化することもあるし、トップを2枚ではなく3枚にすることもあり得る。状況に応じてフレキシブルにシステムを使っていきたい。基本は4-3-3を考えているが、展開によっては3-4-3になったりもする

引用元:同上

と話しています。この他の記事をよく見てくれている方は少し気付いたかもしれません…。

ハイブリッド6ってなんだ?日本女子バレー界に革命を起こす戦略とは…?

以前このような記事を書かせていただいたのですが、バレー日本代表でも似たようなポジションレスの全員が守備と攻撃を行う体制があります。

個人的にではありますが、少しにているのではないかと感じます。「チーム全員で戦う」という気持ちはどんなスポーツでも共通する戦術になってきていのでは…?

固定されたマニュアル通りのサッカーをするのではなく、色々な引き出しを用意しておいて監督が状況に合わせて判断し、選手は柔軟に対応する。この仕組をアギーレジャパンは早いうちに完成させたいところですね!

既にアギーレジャパンとして国際親善試合を2試合行っていますがまだ勝利はしていません。就任してすぐに結果が出ないのは仕方がないと言う声がある一方で少し厳しい声もあるようです。

まだまだ始まったばかりです!2018年のロシアW杯の時には想像できないくらい強くなった日本代表になっていることを信じましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

岡田 大誠WEBデザイナー

株式会社だんきちでデザイン、WEB周りを担当しております。
温泉が好きです。最近スラックラインを始めました。
夏はスイカばかり食べています。

この著者の最新の記事

関連記事

スポーツがうまくなるアプリ「スポとも」

ページ上部へ戻る